News

2017.07.23 Schedule更新しました
2017.07.03 Blog, Schedule更新しました

News

2017.07.23 Schedule更新しました
2017.07.03 Blog, Schedule更新しました

Pick up

Profile

弦巻都 – ツルマキミヤコ

She sings, and she plays the violin.

Schedule

  • 2017/09/10(SUN)12:40-13:20

    定禅寺ストリートジャズフェスティバル

    at JR仙台駅東西自由通路「杜の陽だまりガレリア」

    チャージ:無料

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g) as travessia

    https://www.j-streetjazz.com/

    宮城県仙台市・定禅寺通り一帯で行われるジャズフェスに2年ぶりに出演します。

    今回はなんと仙台駅構内の新しい会場!ぴかぴかで人通りも多くてちょっと緊張しますが

    いろんな方に立ち止まって聴いていただけたらうれしいな、と思っております。ぜひ。

  • 2017/08/27(SUN)nighttime

    Wine, Yakitori, and Jazz #2

    at 根津 76vin

    チャージ:投げ銭(ご注文をお願いします)

    メンバー:小美濃悠太(b) and 弦巻都(vo)

    https://www.facebook.com/76vin

    好評につき再演決定。夕涼み浴衣ナイトにしますよー。

    詳細後日、スケジュールと浴衣のご用意を!

  • 2017/08/24(THU)19:30-

    Gig at SMiLE

    at 渋谷 喫茶SMiLE

    チャージ:¥1,500(+1ドリンク)

    メンバー:弦巻都(vo&g)Solo

    https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13110911/

    残暑厳しい折、夏の終わりのちょっとさみしいボサノヴァ、かな。

    ブッキングライブですので、出演時間など決まりましたらまたお知らせします。

  • 2017/08/19(SAT)nighttime

    travessia at MIKI HOUSE

    at 明大前 ミキハウス

    チャージ:TBA

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g) as travessia

    http://mikihousenight.seesaa.net/

    開業42年のベテラン喫茶店、2回目の出演。今回はギター室賀さんをお招きします。

    夏を惜しむボサノヴァと秋のはじまりを告げるジャズ、いい感じでお届けできたら。

    珈琲、ごはん、お酒、どれもとてもおいしいです!ゆるり夜喫茶、お楽しみくださいね。

  • 2017/06/24(SAT)18:40-/19:30-

    OKONOMIYAKI meets JAZZ

    at お好み焼ころんぶす 石川町北口駅前店

    チャージ:なし(ご注文をお願いします)

    メンバー:三留紗依(as), 弦巻都(vo/vln), 中島由乃(pf), 吉原将行(b), 永松巧輝(ds) as ひつじヅキ

    http://www.k2-inter.com/okonomi/

    サックス紗依姫にお声がけいただき、念願の2フロントでのステージが実現。

    18:00~対バンのオラシオブラザーズさんの演奏後、30分×2ステージお届けします。

  • 2017/06/25(SUN)19:00-/20:30-

    Wine, Yakitori, and Jazz

    at 根津 76vin

    チャージ:投げ銭(ご注文をお願いします)

    メンバー:小美濃悠太(b) and 弦巻都(vo)

    https://www.facebook.com/76vin

    開店当時からお世話になっているワインバーで演奏させていただくことに。

    ワインと合わせるのは、焼鳥王子こと店長の焼くやきとり。絶品です。

    ふらっと寄り道大歓迎!ですが、お店までお電話(03-5834-7684)で予約いただけると、

    確実にお席をご用意できるかと思います。ぜひ。

  • 2017/06/10(SAT)19:30-/20:30-

    サウダージの夕べ

    at 明大前 ミキハウス

    チャージ:¥1,000(plus, 1ドリンク1フードのご注文をお願いします)

    メンバー:弦巻都(vo&g)Solo

    http://mikihousenight.seesaa.net/

    開業42年のベテラン喫茶店で、ボサノヴァを弾き語ります。

    BGM演奏ですが、ゆるやかに2ステージ。

    珈琲、ごはん、お酒、揃ってます。おなかすかせて、のんびり寄り道しにきてね。

  • 2017/06/04(SUN)15:40-16:05

    とっておきの音楽祭

    at 仙台駅前 EDEN

    チャージ:入場無料(ストリートでの演奏です)

    メンバー:弦巻都(vo&g)Solo

    http://eden-sendai.jp/
    http://totteokino-ongakusai.jp/
    今年も宮城県仙台市で行われるストリート音楽祭に出演します。
    梅雨の時期にしっとりボサノヴァ。しずかなサウダージを連れて。

  • 2017/05/04(THU)20:30-/22:00-

    Gig at Trombone Club

    at 博多 Trombone Club

    チャージ:¥1,000

    メンバー:松藤弘教(pf)and 弦巻都(vo)
    http://www.geocities.jp/trb_club/
    はじめての九州公演。
    京都で出会った博多のピアニストと、老舗のジャズバーでデュオです。
    博多どんたく見物のあとは、ちょっと中州で1杯、いかがでしょう?

  • 2017/04/05(WED)20:00-

    Gig at Sam’s Bar

    at 野毛 Sam's Bar

    チャージ:¥2,000(TC, 飲食代別)

    メンバー:小美濃悠太(b) and 弦巻都(vo)
    http://www8.plala.or.jp/samsbar/

    わたしの「横浜の実家」、素敵ダイニングバーでワンマンライブ。
    のんびりまったり、手のひらサイズの音楽とお酒とおいしいごはん。
    近くの大岡川の桜も見ごろだと思います!夜桜見物がてらぜひ。

  • 2017/03/10(FRI)20:00-

    Spring Night Showcase

    at 青山 Bar MIZ

    チャージ:投げ銭(お食事&お酒のご注文をお願いいたします)

    メンバー:小美濃悠太(b) and 弦巻都(vo)
    https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176674/

    宇宙一素敵なベーシストとのデュオです。初共演!
    ジャズのスタンダードを2ステージ、間をたのしむ音楽、いかがかしら。
    おいしいシェリー酒やカクテル、お好み焼き、葉巻とお待ちしてます。

    イベント詳細は以下からどうぞ:

    https://www.facebook.com/events/221552171582855/

  • 2017/02/18(SAT)17:00-26:00

    夜王 生誕祭&2月生まれの誕生会

    at 青山 Bar MIZ

    チャージ:¥1,000(1ドリンク+生牡蠣?)

    メンバー:水田利明(vo&g), 弦巻都(vln)
    https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176674/
    2月生まれのマスターのお誕生日を祝う夜、ミニライブにバイオリンでお邪魔します。
    おそらく出番は21時過ぎ頃、往年のロックやブルースを弾きます。
    2月生まれのお客様は参加費無料!イベント詳細は以下FBからどうぞ:
    https://www.facebook.com/events/237979519977032/

  • 2017/02/19(SUN)12:30-

    黒髪の美女会 The Second Concert「祝ってくれるって、言ったじゃない。」

    at 大久保Cafe Dolce Vita

    チャージ:¥1,500(+1ドリンクのご注文をお願いします)

    メンバー:弦巻都(vo,vn), 黒田悦子(va,p), 南須原萌子(vc) as 黒髪の美女会

    Special Guest 杉本亮平(perc)

    http://www.geocities.jp/cafedolcevita/cafe.html
    bbp17sp
    不肖わたくしが主宰をつとめます弦楽系トリオ、二度目のワンマンライブです。
    翌日はわたくしの誕生日ということで、なんとなくバースデーライブの様相?
    今回のテーマは「恋」と「春」です。祝ってくれるって、言ったじゃない。

  • 2017/01/14(SAT)19:00-

    室賀ジャズ

    at 馬車道 King's Bar

    チャージ:¥1,500(+1ドリンク)

    メンバー: 室賀利治(g), ワタナベヱス(b), 上村彰信(ds)and 弦巻都(vo/vln)
    http://kings.bufsiz.jp/

    114_2
    新年は横浜から。ナイスなおじさまがたのギタートリオにフロントとしてお招きいただきます。

    今回のテーマは「ダメ男は悪だがよくモテる」。新年早々、おめでたい感じはなにもなくてすみません。。

    大好きなChet Bakerが愛した曲を中心に、たっぷり2ステージ、歌もバイオリンもお届けできれば。

  • 2016/10/05(WED)19:30-

    Still

    at 高田馬場 JETROBOT

    チャージ:¥2,500(1ドリンク付)

    メンバー:弦巻都(vo), ジョニー犬塚(vo&g)as Still
    http://music.jetrobot.com/live.html
    https://ja-jp.facebook.com/jetrobot
    ブルーズ、ロック、ポップス。お気に入りのオールディーズを好きなようにアコースティックカバー。
    20:05~30分程度出演予定です。

  • 2016/09/18(SUN)

    Private Concert

    at 都内某所

    チャージ:一般の方はご入場いただけません

    メンバー:弦巻都(vn)&黒田悦子(va)duo

  • 2016/12/10(SAT)19:00-

    Barva Music Live Vol.3

    at 新宿 ミノトール2

    チャージ:¥3,500(1ドリンク&1フード付)

    メンバー:植村亜以(fl), 松永正弘(cl), 石川一郎(vn), 弦巻都(vn), 黒田悦子(va&p), 瀬尾高康(vc), 杉本亮平(perc) as Barva
    http://www.mino-2.com/hp/index.htm
    個性豊かなメンバーが集結、一夜限りの管弦楽ポップスアンサンブル。
    この日のために1からアレンジされた楽曲を演奏します。おいしいお食事とともにお楽しみください。クリスマスが近いので、そんな曲も織り交ぜて。

     

    Barva3

    ご予約は直接お問い合わせ先にご連絡いただくか、以下のFBのイベントページから「参加」ボタンを押していただけましたら、担当者よりご連絡差し上げます。

    https://www.facebook.com/events/548377832033074/

  • 2016/11/20(SUN)

    Private Concert

    at 八王子某所

    チャージ:一般の方はご入場いただけません

    メンバー:植村亜以(fl), 石川一郎(vn), 弦巻都(vn), 黒田悦子(va&p), 瀬尾高康(vc),杉本亮平(perc)as Barva

  • 2016/09/10(SAT)19:00-

    栗の里trio +1

    at 馬車道 King's Bar

    チャージ:¥1,500(+1ドリンク)

    メンバー: 室賀利治(g), 松崎雅之(b), 上村彰信(ds)and 弦巻都(vo/vln)
    http://kings.bufsiz.jp/
    昨年に引き続き、ナイスなおじさまがたのギタートリオにフロントとしてお招きいただきました。
    たっぷり2ステージ、歌もバイオリンもお届けできれば。

  • 2016/08/13(SAT) 13:00-13:40

    すみだストリートジャズフェスティバル

    at 錦糸町 LOCO BAR

    チャージ:入場無料

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g) as Travessia
    http://sumida-jazz.jp/
    http://r.gnavi.co.jp/8xu6wcfk0000/
    去年に引き続き、すみだの街一帯で行われるジャズフェスに出演します。
    駅から程近いバーでの演奏ですので、雨でも酷暑でも安心してお出かけくださいませ。
    けだるい暑さも吹き飛ばせるような、涼しげなジャズのスタンダードナンバーをしっとり歌います。

  • 2016/06/24(FRI)20:30-

    Summer Night Showcase

    at 渋谷2丁目 wine bar ex

    チャージ:投げ銭(バーですので、お食事&お酒のご注文をお願いいたします)

    メンバー:弦巻都(violin), 黒田悦子(viola), 南須原萌子(cello) as 黒髪の美女会
    初夏の陣
    http://hitosara.com/0006050262/
    https://www.facebook.com/winebarex
    青山学院大脇の路地に佇む隠れ家ワインバーで、おいしいワインと弦楽三重奏のひとときを。
    ポップスやシャンソン、映画やミュージカルのなかの音楽をゆるりとお楽しみください。
    お席に限りがありますので、ぜひご予約をお願いします。

  • 2016/06/05(SUN)14:40-15:00

    とっておきの音楽祭

    at シンボルロード 水浴の女像前

    チャージ:入場無料

    メンバー:弦巻都(vo&g)Solo
    http://totteokino-ongakusai.jp/
    宮城県仙台市で行われるストリート音楽祭に出演します。
    梅雨の時期にしっとりボサノヴァ、歌いにまいります。

  • 2016/07/30(SAT) 13:30-

    黒髪の美女会 The First Concert「あの夏、なかったことにして。」

    at 阿佐ヶ谷 Next Sunday

    チャージ:¥1,500(1drinkつき)

    メンバー:弦巻都(vo,vn,g), 黒田悦子(va,p), 南須原萌子(vc) as 黒髪の美女会
    Special Guest 杉本亮平(perc)
    http://nextsunday.jp/
    きれいなブラウンのスタインウェイがあるお店で、美女会初のワンマンライブを敢行。
    「夏」をテーマに、素敵なゲストもお迎えして、いろんな曲をたっぷり2ステージ。
    往年のアイドルソング、映画音楽、シャンソン、懐かしめJ-POPなど、幅広くお楽しみいただけます。

  • 2015/11/01(SUN)14:00-

    Private Concert

    at 八王子某所

    チャージ:一般の方はご入場いただけません

    メンバー:植村亜以(fl), 石川一郎(vn),弦巻都(vn), 黒田悦子(va&p), 瀬尾高康(vc),杉本亮平(perc)as Barva

  • 2015/11/14(SAT)19:00-

    Barva Music Live Vol.2

    at 笹塚 Blue-T

    チャージ:¥2,500(8-9品ビュッフェ付、ドリンク別)

    メンバー:弦巻都(vo&vn), 黒田悦子(va&p), 南須原萌子(vc) as 黒髪の美女会
    植村亜以(fl), 石川一郎(vn),弦巻都(vn), 黒田悦子(va&p), 瀬尾高康(vc),杉本亮平(perc) as Barva
    http://www.blue-t.jp/
    https://www.facebook.com/events/930517653680002/
    個性豊かなメンバーが集結、一夜限りの管弦楽ポップスアンサンブル。
    この日のために1からアレンジされた楽曲を演奏します。おいしいお食事とともにお楽しみください。
    わたしは本編の”Barva”と、OAの”黒髪の美女会”両方に出演します。
    ご予約はわたしまでご連絡いただくか、上記のFacebookページで「参加する」ボタンをクリック!

  • 2015/09/06(SUN) 14:00-

    ニューシティオーケストラ 第67回定期演奏会

    at 杉並公会堂 大ホール

    チャージ:¥1,000(全席自由・中学生以下無料・当日券あり)

    1976年発足、東京都目黒区などで活動するオーケストラ。
    ご縁がありまして、2nd Violinで賛助出演させていただきます。
    ドヴォルザーク・スメタナを取り上げます。チェコの音楽がお好きな方はぜひ。
    http://newcity.sakura.ne.jp/concert/index.html

  • 2015/09/13(SUN)11:40-12:20

    定禅寺ストリートジャズフェスティバル

    at 錦町公園 エントランス広場

    チャージ:無料

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g) as Travessia
    https://www.j-streetjazz.com/
    宮城県仙台市・定禅寺通り一帯で行われるジャズフェスに出演します。
    メインストリートから程近い公園ですので、ぜひふらりとお立ち寄りください♪

  • 2015/07/13(MON)20:00-

    片貝篤史と女たち

    at 新大久保 ライブバー大久保水族館

    チャージ:¥1,500(1ドリンク付)

    メンバー:片貝篤史(vo&g), 弦巻都(vo,vln)
    http://naks.biz/suizokukan/
    シンガーソングライター・片貝さんのサポートで出演します。
    片貝さんのオリジナル曲や、カバーなども織り交ぜて。

  • 2015/09/28(MON) 20:00-

    Still

    at 野毛 Sam's Bar

    チャージ:¥1,000

    メンバー:弦巻都(vo/vln), ジョニー犬塚(vo&g)as Still
    http://www8.plala.or.jp/samsbar/
    5月のワンマンライブが好評につき、再演させていただくことになりました!
    5月とはセットリストも入れ替え、またもたっぷり2ステージ。おいしい料理&お酒もお楽しみに。
    ブルーズとロックを主軸に、好きな曲を好きなようにアコースティックカバーします。

  • 2015/08/16(SUN) 16:00-16:40

    すみだストリートジャズフェスティバル

    at 錦糸町 LOCO BAR

    チャージ:入場無料

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g) as Travessia

    http://sumida-jazz.jp/

    http://r.gnavi.co.jp/8xu6wcfk0000/

    すみだの街一帯で行われるジャズフェスに出演します。
    出演場所は、錦糸町駅から程近いダイニングバー。
    屋内での演奏ですので、雨でも酷暑でも安心してお出かけくださいませ。

  • 2015/05/29(FRI) 20:40-

    片貝篤史と女たち

    at ライブバー 大久保水族館

    チャージ:¥1,500(1ドリンク付)

    メンバー:片貝篤史(vo&g), 弦巻都(vo,vln)

    http://naks.biz/suizokukan/

    シンガーソングライター・片貝さんのサポートで出演します。

    片貝さんのオリジナル曲や、カバーなども織り交ぜて。

  • 2015/07/11(SAT)19:00-

    栗の里trio +1

    at 馬車道 King's Bar

    チャージ:¥1,500(+1ドリンク)

    メンバー: 室賀利治(g), 松崎雅之(b), 上村彰信(ds)and 弦巻都(vo/vln)
    http://kings.bufsiz.jp/
    久しぶりにお招きいただきました、ナイスなおじさまがたのギタートリオ。
    たっぷり2ステージ、歌もバイオリンもお届けできればと思います。

  • 2015/05/01(FRI)20:00-

    Still

    at 高田馬場 JETROBOT

    チャージ:¥2,500(1ドリンク付)

    メンバー:弦巻都(vo), ジョニー犬塚(vo&g)as Still
    http://music.jetrobot.com/live.html
    https://ja-jp.facebook.com/jetrobot
    ブルーズ、ロック、ポップス。お気に入りのオールディーズを好きなようにアコースティックカバー。
    対バンあり。20:35~出演です。

  • 2015/04/23(THU)20:00-

    つなげや音舗presents

    at 高田馬場 JETROBOT

    チャージ:¥2,500(1ドリンク付)

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g)
    http://music.jetrobot.com/live.html
    https://ja-jp.facebook.com/jetrobot
    昨年秋に引き続き2回目のデュオ。シンプルに美しい、春のスタンダードジャズをどうぞ。
    対バンあり。20:35~出演です。

  • 2015/05/26(TUE)20:00-

    Still

    at 野毛 Sam's Bar

    チャージ:¥1,000

    メンバー:弦巻都(vo/vln), ジョニー犬塚(vo&g)as Still
    http://www8.plala.or.jp/samsbar/
    久しぶりに野毛のホームでワンマンライブ。たっぷり2ステージ歌います。
    ブルーズとロックを主軸に、好きな曲を好きなようにアコースティックカバーで。

  • 2015/04/11(SAT)14:30-

    Orchestra Valse Vol.4

    at なかのZERO 大ホール

    チャージ:入場無料(要チケット)

    ジブリ音楽を愛するオーケストラ。
    今回は「ルパン三世 カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」を豪華声優陣のみなさまと共演。
    2nd Violinで参加させていただきます。
    http://www.orchestravalse.jp/

  • 2015/02/28(SAT)13:30-

    Flamingo Apartment Orchestra 02

    at なかのZERO 大ホール

    チャージ:入場無料(別途要チケット・当日会場配布あり)

    Harry PotterやBack To The Future, My Fair Ladyなど、
    プログラムはすべて映画・ミュージカル音楽!がコンセプトのオーケストラ。
    1st Violinで参加させていただきます。
    https://sites.google.com/site/flamingoapartmentorchestra/concert
    http://nicesacademia.jp/

  • 2015/02/14(SAT)-15(SUN)

    鮭スペアレ横浜公演「ロミオとヂュリエット」

    at 横浜 黄金町 八番館

    チャージ:公開ゲネプロ500円・一般2500円(当日・前売共通)

    岩手の初演に続き、関東での公演にも参加させていただくことになりました。
    坪内逍遥の古典訳を音楽劇に仕立てたロミオとジュリエット、新鮮な驚きを感じにいらしてください。
    バイオリンなどを弾く予定です。
    http://syakespeare.com/
    http://www.tpam.or.jp/2015/program/tpamshowcase/syake-speare/
    https://www.facebook.com/syakespeare

  • 2014/12/06(SAT)19:30-

    高山夏樹Trio+1

    at 東京倶楽部 千駄ヶ谷店

    チャージ:¥2,200(当日¥2,700)

    メンバー:高山夏樹(b), 望月智子(p), 高垣諭(ds), 弦巻都(vo)

    http://www.tokyo-club.com/schedule/index.cgi?barid=sendagaya&view=day&d=6&m=12&y=2014&stage=1

    久しぶりにお声がけいただきました。大好きなメンバーです。

    たっぷり2ステージ、straight aheadにお届けしたいと思います。

  • 2014/11/22(SAT)-23(SUN)

    幽玄音楽劇「ロミオとヂュリエット」

    at 一関 ガレージホール

    チャージ:一般1500円/学生1000円(当日前売共通)/中学生以下無料※未就学児入場可

    http://syakespeare.com/

    https://www.facebook.com/syakespeare

    http://garagehall1noseki.com/

    『刹那に響く声とウタ。生演奏による前代未聞の音楽劇』

    劇団「鮭スペアレ」の一関公演に、劇伴ミュージシャンで参加させていただきます。

    バイオリンを弾く予定です。

  • 2014/10/08(WED)19:30-

    つなげや音舗プレゼンツ【おとなのかなでる、おんがく】

    at 高田馬場 JETROBOT

    チャージ:¥2,000(+1ドリンク¥500)

    メンバー:弦巻都(vo), 室賀利治(g)

    http://music.jetrobot.com/live.html

    https://ja-jp.facebook.com/jetrobot

    今回のお相手は、何年もお世話になっている室賀さん。

    ライブでの共演はとても久しぶりなうえ、デュオでのライブはなんとはじめてです。

    20:05~演奏します。奇を衒わず、シンプルに、秋に寄り添うスタンダードジャズをどうぞ。

     

  • 2014/11/16(SUN)

    前川直人group

    at 成田 Jazz Bar Cloud9

    チャージ:TBA

    メンバー:前川直人(as), 高橋由香里(pf), 玉木秀和(b), 藤田稔広(dr), 弦巻都(vo)

    http://music.geocities.jp/jazzbarcloudnine/
    https://ja-jp.facebook.com/pages/Jazz-Bar-Cloud9/135250603222979

    9月に続き、ポップな感じでお届けします。

  • 2014/09/03(WED)20:00-

    前川直人group

    at 千葉みなと Clipper

    チャージ:投げ銭

    メンバー:前川直人(as), まんぼう(pf), 玉木秀和(b), 藤田稔広(dr), 弦巻都(vo)

    http://lovechiba.jp/blog/clipper/clipper/

    サックス前川くん企画にお声がけいただきました(うれしい!)ポップな感じで。

  • 2014/09/15(MON)14:00-

    大いなる秋田 東京公演2014

    at 東京芸術劇場コンサートホール

    チャージ:¥2,000(全席指定・チケット事前申込)

    吹奏楽と混声合唱による「モルダウ」「フィンランディア」そして「大いなる秋田」。
    Percussionで参加させていただきます。
    http://www.akita-great-tokyo.org/

  • 2014/5/19(MON)20:00-

    森山蒼瑚GROUP

    at 千葉みなと Clipper

    チャージ:無料

    メンバー:森山蒼瑚(steelpan), 渡辺明応(g), 木村喜明(pf), 玉木秀和(b), 鈴木雄二(dr), 前川直人(as), 弦巻都(vo/vln)

    http://lovechiba.jp/blog/clipper/clipper/

  • 2014/5/25(SUN)12:30-

    Orchestra Valse Vol.3

    at 神奈川芸術劇場 KAAT

    チャージ:入場無料(事前に整理券配布あり)

    2nd violinで参加させていただきます。

    http://www.aim-vil.com/organization/valse-vol-3/

    http://www.kaat.jp/

  • 2014/3/30(SUN)13:00-

    Golden STEPS SOUND Market

    at 井土ヶ谷 宿るや商店

    チャージ:入場無料

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g),and support 大室めぐみ(perc)as Orange Blossom

    https://www.facebook.com/goldensoundomarket

    http://goldensteps-soundmarket.blogspot.jp/

    http://yadoruya.exblog.jp/

  • 2014/3/29(SAT)19:00-

    JAZZ&POPS&飛び入り歓迎セッションナイト

    at 外苑前 Z.imagine

    チャージ:¥1,700(ドリンク別)

    メンバー:木村喜明(pf), 玉木秀和(b), 鈴木雄二(dr), 弦巻都(vo/vln)

    http://www.radio-zipangu.com/zimagine/index.php

    待望の初共演です!Z.imagineで演奏するのも、とても久しぶり。

    対バンにL’oiseauさん、3ステージ目はジャムセッション。オススメです。

     

  • 2013/12/18(WED)19:00-

    オーケストラ・アンサンブル金沢 ファンタスティック・クラシカルコンサート「ジャパニメーション×クラシック」

    at 石川県立音楽堂

    チャージ:SS¥6,000 S¥5,000 A¥4,000 B¥3,000

    人気声優のナビゲートで贈る 管弦楽版アニメーション・ミュージック!
    コーラスで参加させていただきます。
    http://www.aim-vil.com/sponsor/japanimation-classic/

  • 2013/12/28(SAT)21:10-

    東京 大人B級ミュージック

    at 西荻窪 Zizi Annabelle

    チャージ:¥1,500(1ドリンク付)

    メンバー:西室良治(g) guests 小俣光央(tb), 弦巻都(vln)

    http://www.ziziannabelle.com

  • 2013/11/23(SAT) 19:30-

    東京 大人B級ミュージック

    at 西荻窪 Zizi Annabelle

    チャージ:1,500(1ドリンク付)

    メンバー:弦巻都(vo/vln), Olica(pf)

    http://www.ziziannabelle.com

  • 2013/11/24(SUN)13:00-

    GOLDEN STEPS Sound Market

    at 井土ヶ谷 宿るや商店

    チャージ:入場無料

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g),and support 鈴木孝弘(b)as Orange Blossom

    https://www.facebook.com/goldensoundomarket

    http://goldensteps-soundmarket.blogspot.jp/

    http://yadoruya.exblog.jp/

  • 2013/11/9(SAT) 20:00-

    Orange Blossom

    at 藤沢 Sound Market

    チャージ:チップ制

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g),and support 鈴木孝弘(b)as Orange Blossom

    http://soundmarket.jimdo.com/

  • 2013/12/15(SUN)

    ボランティア演奏

    at 茅ヶ崎某所

    チャージ:一般の方はご入場いただけません

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g) as Orange Blossom

  • 2013/10/22(TUE) 20:00-

    Zimio Presents 弦巻都&萩尾しの Live

    at Sam's Bar

    チャージ:¥1,000

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g) as Orange Blossom
    http://www8.plala.or.jp/samsbar/

  • 2013/10/20(SUN)

    ボランティア演奏

    at 茅ヶ崎某所

    チャージ:一般の方はご入場いただけません

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g) as Orange Blossom

  • 2013/09/27(FRI) 20:00-

    片貝篤史と女たち

    at ライブバー 大久保水族館

    チャージ:¥1,500(1ドリンク付)

    メンバー:片貝篤史(vo&g), 弦巻都(vo,vln)

    http://naks.biz/suizokukan/

  • 2013/09/07(SAT) 19:00- / 20:00- / 21:00- *入替制

    国分町 夜とライブ2013

    at Bar The Voice

    チャージ:¥2,400(1ドリンク1フード×3軒ぶんのチケットです。ご購入いただき、お楽しみください)

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g) as Orange Blossom

    http://www.saketribe2013.jp/

  • 2013/09/07(SAT) 16:40-17:20

    定禅寺ストリートジャズフェスティバル

    at シンボルロード 水浴の女像

    チャージ:無料(屋外で行われるジャズフェスティバルです)

    メンバー:弦巻都(vo), Zimio(g) as Orange Blossom

    http://www.j-streetjazz.com/

  • 2013/09/25(WED) 20:00-

    Still

    at 野毛 Bar Smoky

    チャージ:投げ銭

    メンバー:ジョニー犬塚(vo&g), 弦巻都(vo,vln)as Still
    http://smoky.main.jp/

Movie

Blog

  • 2017年7月2日

    6/25@76vin, Nezu

    雨の予報でどんより曇り空だったのだけれど、奇跡的に降られず。

    風もすこし吹いてきて、日曜の夜のちょっとうれしいようなさみしいような空気と、

    やきとりワインとしっとりジャズ。相性よかったのでは、と、振り返って思います。

    1st

    1. I’ve Never Been In Love Before

    2. Only Trust Your Heart

    3. The Days Of Wine And Roses

    4. Little B’s Poem

    5. What A Wonderful World

    6. Mas Que Nada

     

    2nd

    1. My Favorite Things

    2. Lover, Come Back To Me

    3. Blackbird

    4. Like Someone In Love

    5. But Beautiful

    6. How High The Moon

     

    Encore

    Just Squeeze Me (But Please Don’t Tease Me)

     

    今年の年明けから始めたデュオでしたが、気づけばもう3回目のライブ。

    ボーカルとコントラバスという、あまり一般的でない編成にもかかわらず、いろいろな方が違和感なく受け入れて、楽しんでくださるのがうれしい。いい曲だね、と、お気に入りの曲を見つけてくださる方もいて、それもまたうれしい。

    そんな状況が実現できているのは何よりも、つねにわたしの行きたい方向に道をつくり、自由に歌っていいよ、と、安心させてくれる、宇宙一のベーシストのおかげなのですが、あまり褒めると図に乗りそうなので、このあたりに。

    いやでもいつもほんとにありがとう(ざっくりとした謝辞)。

     

     

    今回はお店としてはじめてのライブイベントだったこともあり、うまくいくかな、という一抹の不安は、お店側にもわたしたちにもあったように思うのです。

    だけど、はじめてお店にいらしたお客様が、口を揃えて焼き鳥もワインもどれもおいしかった!とにこにこ帰ってくださって、ライブをきっかけに来たかったお店に来られてよかった、友達とまた食べに来ます、というお客様もいて。

    飲食店でライブをやるときにいつも思っている、お店側も、ミュージシャンも、お客様も、みんなそれぞれの素敵なところを見つけて帰ってくれる、ということもまた、ちゃんと実現できた気がして、それもとてもうれしかった。

     

    そんなわけで大入り満員の夜でした!ご来場、ほんとうにありがとうございました。

    好評につき、再演が8/27(日)の夜に決まりました。

    夏だし、せっかくだから浴衣もいいね、ということで、浴衣ナイトの予定。

    夏の終わり、ぜひ浴衣で遊びにいらしてね。

     

    そして、このライブで2017夏ツアー”Travelling”も無事完走です。

    春ツアーが終わったとき、こんなに大変なツアーはもうないだろう、と思っていたのですが、

    蓋をあけてみたら夏のほうが大変で。。笑 でも得るものもとても多かったです。

    秋ツアーは8月からです。また新しいわたしを見せられたらいいな。

    今後ともご贔屓に、よろしくどうぞ。

  • 2017年7月1日

    6/24@Okonomiyaki-Columbus, Ishikawacho

    梅雨の晴れ間の暑い一日。

    ソースの焼けるいい匂いを辿って歩いたら、おいしいお店にたどり着きました。

    店先ではテイクアウトのたこ焼きも焼いていて、縁日の雰囲気を思い出して、わくわく。

    飲食店でのライブはつねに「三方よし」について考えている、ということはまた別のブログに書こうかな、と思いますが、

    お店の入り口を開けて演奏していたら、通りがかった人が足を止めてお店の外から聴いてくださったりしました。

    外から聴いてくださっていた方には残念ながらお礼を伝えられなかったのだけれど、今度は客席でお好み焼きも楽しみにいらしていただけたらうれしいです。

    ともあれ、予約で満席のお客様、初顔合わせのクインテット、絶品の創作お好み焼き、楽しかった。

     

    1st

    1 Triste

    2 Taking A Chance On Love

    3. The Gentle Rain

    4. ヤミと星- Sayori Mitome

    5. Caravan

     

    2nd

    1. Isfahan

    2. Afro Blue

    3. Garota De Ipanema

    4. The Nearness Of You

    5. How High The Moon

     

    Encore

    Struttin’ With Some Barbecue

     

    久しぶりにジャズの現場でバイオリンを弾いて、誘ってくださった紗依姫のすばらしいサックスに触発されることもたくさんあって、がんばらなくては、と、襟を正しました。

    まだまだ行くよ。ご来場のみなさま、ありがとうございました!

  • 2017年6月11日

    6/10@MIKI HOUSE, Meidai-mae

    梅雨入りの報はあったものの、よく晴れた真夏日。
    それでも日が暮れるとすこし気温はやわらいで、でも湿度はあって、
    ボサノヴァ向きの天気ですね、と談笑。

    1st
    1. O Barquinho
    2. Manhã de Carnaval
    3. Triste
    4. Retrato em Branco e Preto
    5. Pela Luz Dos Olhos Teus
    6. Fotografia

     

    2nd
    1. Corcovado
    2. So Danço Samba
    3. Agua de Beber
    4. Ah! Se Eu Pudesse
    5. Lamento no Morro
    6. Garota de Ipanema

     

    Encore
    Manhã de Carnaval

     

    全編ボサノヴァ弾き語りのステージ、東京では満を持して初演でした。
    ワンマン2ステージなんて、よくよく自分を追い込んだものだと思います。
    改善の余地はありますが、取り組んでよかったと思うし、楽しかった。
    お客様にいい時間を過ごしていただけていたら、幸いです。


    初めてお邪魔したのですが、とてもいいお店でした、明大前ミキハウス。
    ごはんもお酒もどれもおいしくて(ここはとても重要なこと)、
    ボサノヴァ聴いてうとうと寝ちゃう、かわいい看板犬もいます。笑
    次回は8/19土曜日の夜、ジャズセットで出演が決まりました。ぜひ!

  • 2017年6月6日

    6/4@EDEN, Sendai

    今年もバリアフリーフェス・とっておきの音楽祭に出演させていただきました。
    はじめての会場は、駅前の商業施設EDENの中庭。
    ビル風と天候で、びっくりするぐらいの強風でしたが、スタッフのみなさまの尽力でなんとか乗り切りました。
    わたしの雨女力、期待を裏切らないなあ。

    (ばみってもらった矢先に客席に飛ばされていったわたしの譜面台)

     


    1. O Barquinho
    2. Corcovado
    3. Garota de Ipanema
    4. Fotografia
    5. Ah! Se Eu Pudesse

     

    弾き語りのライブ、結局1年ぶりになってしまったので、今年はもう少し増やせれば、と思います。
    saudadeの意味をちゃんと自分なりに噛み砕いていけるように、歌にのせていけるように。

     

    ストリートでの演奏のいいところは、思わぬ偶然がたくさん重なるところ。
    久しぶりにお会いできた方も、パンフレットを見て聴きにきてくださった方も、
    あの場に居合わせてくださった方も、ほんとうにどうもありがとうございました!

  • 2017年5月6日

    5/4@Trombone Club, Hakata

    まだ5月になったばかりだというのに、暑い日。

    博多どんたく港まつりの熱気で、街の人たちも熱い日。

     

    1st

    Fly Me To The Moon

    Fotografia

    Love Theme From Spartacus

    Cry Me A River

    I’ve Never Been In Love Before

     

    2nd

    Taking A Chance On Love

    Left Alone

    Caravan

    My Romance

    Garota de Ipanema

     

    Extra – お店の奥様、きょうこさんにピアノを弾いていただいて

    Garota de Ipanema

    The Days Of Wine And Roses

     

    初めての場所、初めての共演者と、久しぶりに手探りで進めるステージでした。

    お店にはいろんなお客様がいらっしゃるので、すべての方を満足させることは望めない。

    それであっても、あ、これいいな、と思ってもらえる瞬間が一度でもお客様に訪れていたら、うれしいな。

    ご来場のみなさま、ありがとうございました。

  • 2017年4月8日

    4/5@Sam’s Bar, Yokohama

    大岡川沿いの桜と、ふんわり朧月夜。

    1st
    It Could Happen To You
    Only Trust Your Heart
    Don’t Explain
    The Days Of Wine And Roses
    Lush Life
    How High The Moon

     

    2nd
    Cry Me A River
    Just Squeeze Me
    Lamento No Morro
    My Favorite Things
    Two For The Road
    Lover, Come Back To Me

     

    Encore
    Polka Dots And Moonbeams

     

    つくづく、いろんなひとに支えられて、ものをつくることで生きている。

    自分ひとりでできることって、すごく少ない。

    でも、やりたいと思ったことを、よしじゃあやろう、と言ってくれたり、手伝うよ、と手を貸してくれたり、おもしろかったよと声をかけてくれるひとがいたりする。そういうひとたちに要所要所でちゃんと出会えていたり、出会える機会に恵まれていたりする。

    それってほんとうに奇跡みたいなことだ、と、思う。

    そういうちいさな奇跡を、心から大切にしたいなあ、とも。

     

    駆け抜けた2017春ツアーも、ファイナルです。いつになく充実したツアーでした。

    自分が年齢を重ねたこともあるのかな、まだまだだけど、一歩おおきく前に踏み出せた気も。

    夏は旅に出ます!

  • 2017年4月2日

    つくったものを売るということ #1

    ものをつくる、ということと、つくったものを売る、ということで
    商売としてのものづくりは成り立っている、というのは、そうで。
    ものをつくることを生業としているひとは、つくったものが売れなければ
    基本的には立ち行かなくなる、日々の生活に少なからず響く、というのも、
    たぶん納得はしてもらえる、よね。

     

    いいものをつくりさえすれば売れるだろう、という見込みは甘くて、
    売り方さえうまければ粗悪品でも売れる、という驕りも正しくはない。
    両輪が同じだけ回ることが必ずしもいいことではないのだけれど、
    両輪で動いていくのだ、ということは、つくる側も、売る側も、
    つくって売る側も認識していなければいけない、と、思う。

     

    いいものをつくることに注力しすぎて、採算度外視なのも、
    見かけばかりよくて中身がぜんぜんなのも、よくない。

     

    そしてまた、誰かに欲しいと思ってもらえなければ、売れない。
    売れない、手にとってもらえない、それでもつくりたいものがある。
    さあ、それをあなたは、どう考える?

  • 2017年3月25日

    ネイビーとボルドーの話 #2

    #1を書いたあと、読み返してみて、これは男性だけの話ではないな、と思い立つ。

    そのまま「女性のもつ色気」にも置き換えられるようなことで、それもまた素敵だなと。

    (そうなりたいな、という、ひそかな思いもこめて)

     

    そしてまた、ひとりの人がもつ二面ということだけではなくて、

    ネイビーっぽいひとと、ボルドーっぽいひとって、いませんか。

    そのひとの姿を思い浮かべたときに、そのひとをイメージする色って、ありませんか。

    たとえばその人がそういう色のものをよく身につけているとか、その色が好きだとか、

    なんとなく似合うな、とか、空気感がそんなようだな、とか。

     

    ネイビーのひとと、ボルドーのひとって、すごくフィットする気がするのです。

    くっきりとした青からも、はっきりした赤からも、すこし距離を置いた佇まいで、

    でもきっと青や赤を経て、時間をかけて、深みを増していったのだろうな、という。

    その、お互いが持っている深みの部分が、根底でつながっている感じがする。

     

    つづく。

  • 2017年3月12日

    3/10@Bar MIZ, Aoyama

    「やりたいと思ったことは、できるうちにやるのがいいよ」と言われて、

    30歳最初のライブは、いまいちばん自分がやりたい音楽をやることにしました。

    ジャズのスタンダードとしっかり向き合うこと、好きな曲を自由に演奏すること、

    ベースと歌だけのデュオを、宇宙一お気に入りのベーシストと。

     

    正装と、オーセンティックなバーと、お客様の話し声と、シェーカーを振る音。

    それから、流れる旋律の「間」の部分。

    ただの想像というか夢でしかないのだけれど、何十年か先にも、こんな夜が訪れそうな気がするのでした。

     

    1st
    1. Just Squeeze Me
    2. My Favorite Things
    3. Lamento no Morro
    4. Lush Life
    5. Red Sails in the Sunset – 一夜限りのカクテルquarterdeckとともに

     

    2nd
    1. The Days of Wine and Roses
    2. Only Trust Your Heart
    3. Don’t Explain
    4. Polka Dots and Moonbeams
    5. Too Close for Comfort

     

    Encore
    見上げてごらん夜の星を – What A Wonderful World

     

    来月もこのデュオで演奏します。場所は青山から横浜へ。
    長めに2ステージ、ふたりのおしゃべりも交えつつ、ゆるゆるやろうかなと。


    フライヤーを名刺サイズでつくる、というのをぱっと思いついて、
    名刺の印刷をお願いしているPrintworks Studio Shibuyaさんで、
    素敵に刷っていただきました。お会いしたみなさまにお渡ししますね。

     

    わたしっぽい、と言われたこの曲、あたたかな春の夜にはぴったりでした。
    いろいろ聴いたけど、やっぱりこの名テイクが、いちばん好き。

  • 2017年2月28日

    ネイビーとボルドーの話 #1

    大好きなピアニストが、近年しずかな雰囲気をたたえた作品が多いことについて、

    「一見、表面上は静かだけれど、(静かではないときと)おなじだけの情熱を持っている」というようなことを、ライブでおっしゃっていた。ことに端を発した、まとまりのない文章。

     

    なめらかに紡がれたり、洒落や遊びが効いたりする旋律は、柔和な彼の雰囲気ととてもよく合うのだけれど、ほんとうにときおり、ものすごく強い横顔を見ることがあって、はっと心をつかまれる。

     

    しずかで、穏やか。

    言葉を選んで慎重に話す。言葉を紡ぐための間を、言葉以上に持っている。

    知性。きちんとした佇まいと、クリーンネス。折り目正しく、それでいてしなやか。

    決して華美ではないけれど、そういうのはうつくしい、と思う。洗練されている。

     

    でもその内側の温度は思っている以上に高くて、手触りも輪郭もはっきりしている。

    香りも強い。香り高いというのが、適切か。思わず惹きつけられる、いい香りがする。

    強い意志がそこにはある。押し付けがましいとかプライドが高いとか意地を張っているとかそういうことではなくて(そんなのは強さではなくただ強引であるだけなので)、絶対にぶれない、しっかりした芯がある。

    こうであるべきだ、ということは、その内側では最初から決まっているようだ。

     

    内に深いボルドーをひそませて、外は何事もなかったようなネイビー。

    普段は見せないけれど、ときおり覗くボルドーが、ぞくぞくするほど色っぽい。

     

    ということが、最近考えていた「男性のもつ色気」の正体のひとつなのだ、と気がついて、そしてそういうタイプの色気が自分は好きなのだ、ということもわかったので、まとまりもなければ普段のブログっぽくもないのだけれど、備忘録のように記しておくことにしました。

    つづく。

  • 2017年2月24日

    2/19@Cafe Dolce Vita, Ohkubo

    晴れ女の共演者のおかげで、黒髪の美女会のライブはおおむねいつも晴天。

    この日もまた例外なく、きれいな晴れた空と、おだやかな日。

    ささやかだけれど、春を連れてこられたかしら。

     

    1st
    1. Lady Madonna
    2. La Vie en Rose
    3. 蘇州夜曲
    4. 聖子/春
    5. 人魚
    6. You Can’t Hurry Love

     

    Entr’acte

    – When You Wish Upon A Star
    – Moon River
    – 真夏の果実

     

    2nd
    1. 春一番
    2. ひまわり
    3. おとなの掟
    4. Le Temps des Cerises
    5. 恋
    6. ハナミズキ

     

    Encore
    0. 赤いスイトピー

    「春」と「恋」をテーマに、これまでのレパートリーと新曲を半分ずつ。

    結成して2年、いまだからできる3人らしさが思いっきり詰まった音楽でした。

    いつもあたたかくサポートしてくださるミュージシャン、スタッフにも恵まれて、

    そしてまた、開店当時から(お店のふたりとは開店前から)ずっと縁のあるお店での演奏。

    感謝の気持ちでいっぱいです。

    お店のブログでも当日の様子、ご紹介いただきました。→

     

    そしてお誕生日のお祝いのサプライズ!もう、みんな大好き。

     

    弦楽アンサンブルと歌をまじえたユニットがやりたくてはじめた黒髪の美女会は、

    これからすこしだけ充電期間に入ります。みなさまとの再会を夢見つつ、またいずれ。

    メンバーのこれからのステージにも、乞うご期待。

  • 2017年2月22日

    2/18@Bar MIZ, Aoyama

    何の因果か、このところ2月生まれの方に出会う機会がとても多かったのです。
    2月生まれのマスターのお誕生日イベント、ロック&ブルースが大好きなマスターの弾き語りにバイオリンで華を添えることに。
    歌うひとに寄り添って弾くバイオリン、大好きです。
    ハードな感じにしたかったんだけど、たのしすぎてルーツミュージック寄りになってしまった。
    こんなに自由にストーンズを弾ける現場なんて、なかなかない!笑

     

    1. Little Red Rooster
    2. Sweet Home Chicago
    3. Honky Tonk Woman
    4. Rollin’ and Tumblin’
    5. Everyday I Have The Blues – 久しぶりに歌わせていただきました
    6. Start Me Up - お客様のリクエスト
    7. Jumpin’ Jive Flash

     

    ここまでと思いきや、ジャズがお好きなお客様のリクエストで
    まさかのソロバイオリンを1ステージお届けしました。独奏ライブ、人生二度目。
    最後は2月生まれのマスターとお客様へのケーキとともに、大団円。

     

    1. Autumn Leaves
    2. The Days Of Wine And Roses
    3. Lullaby of Birdland
    4. My Funny Valentine
    5. Fly Me To The Moon
    6. All The Things You Are
    7. My One And Only Love
    8. Body And Soul
    9. Happy Birthday To You
    10. Happy Birthday
    (なに弾いたかなーって思い出して書き出してみたらけっこうな量でした…)

     

    満席のお客様。日付が変わってもなお盛況。
    なんだかずっと続いていきそうな、素敵な夜でした。
    3月はこのお店で、今度は歌わせていただきます。ぜひ遊びにきてくださいね。

  • 2017年1月16日

    1/14@King’s Bar, Bashamichi

    雨女だから、また降らせちゃうかしら、と思っていたら、寒波!そして雪!

    「持ってるねえ」と笑われながら、寒空、強い北風の夜でした。

     

    1st – ダメ男の事情
    1. East Of The Sun
    2. My Heart Belongs To Daddy
    3. It Don’t Mean A Thing
    4. I’ve Never Been In Love Before
    5. Born To Be Blue
    6. Feel Like Makin’ Love

     

    2nd – ダメ女の事情
    1. Body And Soul
    2. My Funny Valentine
    3. Agua De Beber
    4. Come Rain Or Come Shine
    5. Garota De Ipanema *Vocal & Guitar Duo
    6. Love You Madly

    Encore – Over The Rainbow

     

    先日「ブルーに生まれついて」という、Chet Bakerを題材にした映画を観て、

    やっぱりChet好きだなあ、と思って、彼が取り上げた曲をほんのり散りばめたセットリストでした。

    初共演のワタナベヱス(b)さん(fromくものすカルテット)のエモーショナルで美しい音が

    とてもよく似合って、よかった。

     

    君が好きでしょうがないんだよね、と、持ち前の無頓着さと二枚舌で言っちゃうダメ男と、

    そんなダメ男のダメなところがいとしくてしょうがなくて、身も心も捧げちゃうようなダメ女。

    人と人って、なかなか通じ合えなかったり、わかりあえなかったりするけれど、

    この広い世界で、たまたま出会っちゃって、恋に落ちて、

    ときどきぶつかって、それでも愛して、それでいいじゃない。

  • 2016年12月29日

    12/10@Minotaure2, Shinjuku

    1. ルパン三世’78テーマ
    2. Storia
    3. 晴れた日に
    4. 人生のメリーゴーランド
    5. 男と女
    6. 抱いてHOLD ON ME!
    7. SMAP Medley
    8. 大河ドラマ「真田丸」メインテーマ

     

    9. 台風
    10. Milonga Sin Palabras
    11. Violoncelles, Vibrez!

     

    12. Winter Wonderland
    13. クリスマス・イブ
    14. Walking in the Air
    15. Christmas Medley
    16. September

     

    Encore
    17. 情熱大陸

     

    昨年に続き参加させていただいた、管弦打楽器によるポップスアンサンブル。

    昨年できなかったことを、いまできうる全力を、思い切り詰め込んだようなコンサートでした。

    長く回数の多いリハーサルのなかで、メンバーが思うことをそれぞれきちんと話せたことも収穫で、

    全体的には昨年よりもいいものに仕上げられたのではと思います。

     

    個人的には、念願のチェロとのデュオで、念願のピアソラを弾けたのが、とても感慨深かった。

    自分がやりたいことを、またそれなりに探しあてようと、したい。できることばかりでは、なくて。

    それを目の前のお客様に提示したときに、喜んでいただけたら、きっともっとうれしい。

    そんな気持ちで、2016年最後のライブを締めくくりました。ご来場のみなさま、ありがとうございました。

  • 2016年10月21日

    10/5@Jetrobot, Takadanobaba

    1. Carnival
    2. The Letter
    3. Dreams
    4. Georgy Porgy
    5. セロリ
    6. Every Little Thing He Does is Magic

     

    久しぶりのStill、久しぶりのJetrobot、楽しかったです。
    まだまだいろいろやれるんだけどなあ、と思うこともあるけれど、いまがちょうどいい、というか、積み重ねてきた時間がうまく咲きはじめている感じがします。
    年に何回できるか、というデュオになってしまいましたが、もっとたくさんのお客さまに出会いたいなあ。
    そのための種まきを来年はしていきたいなあと思います。

  • 2016年9月18日

    9/18@Private Concert

    9/19に敬老の日ということで、前日の3連休中日に開かれたとある街の敬老会。
    黒髪の美女会マイナス1の、バイオリン&ヴィオラデュオでミニコンサート。

     

    1. 世界の車窓から
    2. また君に恋してる
    3. さくらんぼの実る頃
    4. Amaging Grace
    5. 千の風になって(お客さまの歌に合わせて)

    Encore- 少年時代

     

    人生の先輩方の前で弾く機会、結構これまでもいただいてきたのですが、

    「聴く姿勢」というのが若人のそれとは違って、とても真摯だ、と、どのステージでも思います。

    それは音楽を聴くということに関して経てきた経験の違いなのか、時代性なのか、

    わからないけれど。すこし考えてみたいな、と思いました。

    af

    まさかの花束贈呈タイム(!)まであって、恐縮しきりでした。

    またお会いできますように。これからもどうぞ、お元気で。

  • 2016年9月17日

    9/10@King’s Bar, Bashamichi

    久しぶりに横浜のライブで、ずいぶんテンションが上がっていたような。
    学生時代からお世話になっているギタートリオのみなさまと、
    今回のコンセプトは「とてつもなくエロくて、どうしようもなく暗い」。
    はい、笑うところです。

     

    1st
    1. Sophisticated Lady
    2. Little B’s Poem
    3. Bei Mir Bist Du Schön
    4. Don’t Explain
    5. The Nearness Of You
    6. Caravan

     

    2nd
    1. Bluesette
    2. Things We Did Last Summer
    3. Left Alone
    4. Fever
    5. 夜空ノムコウ
    6. The Lady Is Tramp

    Encore – I Didn’t Know What Time It Was

     

    先月亡くなったふたりの巨星、Bobby HutchersonとToots Thielemans、
    そして解散を発表したSMAP、という、時勢をみた選曲もすこしだけ。

     

    選曲、曲順、構成、編成、たくさんアイディア出させていただいて、
    このカルテットで10年来何度ライブをやらせていただいたかわかりませんが、
    今回が一番やりたいことができて、メンバーにもそれを理解して演奏してもらえて、
    お客さまにも楽しんでいただけた実感があったかな、と。

    亀の歩みですが、まだまだできること、あるなと。

    まだまだやるので、楽しみにしてていただけたらうれしいです。

    ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

  • 2016年8月16日

    8/13@LOCO BAR, Kinshicho

    昨年に引き続き、今年もすみだストリートジャズフェスティバルに出演してきました。
    せっかくなので、今年も浴衣で。こんな機会でないと、なかなか着ることもないのが残念。

    IMG_0973

    1. I’m Beginning To See The Light
    2. Born To Be Blue
    3. What A Difference A Day Made
    4. Just Squeeze Me
    5. Cry Me A River
    6. The Christmas Song
    7. Garota de Ipanema

     

    はじめてのお客様も、昨年お越しいただいたリピーターのお客様も。
    最近お客様をいかに笑顔にして帰すか、ということを考えて、MCでなんとかしてしまうことが多かったのですが(なんとかしちゃう自分もどうかと思うけど)、”The Christmas Song”を浴衣とアロハのデュオが演奏するという、狙いすました演出をしてみました。
    「寒い寒い」「涼しくなったよ」と笑ってくださって、よかったです。
    なかなかいいと思うのですよね、真夏のクリスマスソング。年末なんて、あっという間よ。

     

    そんなわけで、弦巻都の2016年夏ツアー「彼女は彼女である」、これにて無事終了いたしました。

    summertour2016 (1)

    お会いできたみなさま、ものづくりに携わってくださったみなさまに、心からの感謝を。

    今後ともどうぞご贔屓に。よろしくお願いいたします。ね。

  • 2016年8月13日

    西へ

    きれいなナイトブルーのリネンのドレス、買ったはいいけれど、いつ着よう?
    ということで(ということで?)、ばびゅんと新幹線に乗って、大阪に行ってきました。
    Billboard Live Osakaにて、akikoさんのデビュー15周年ライブ。

     

    ライブをはじめた学生時代、「どう演奏するか」の多くを、akikoさんのCDで学びました。
    ジャズ・ジャイアントの不朽の名盤や、新進気鋭のジャズ・ミュージシャンによる意欲作、
    そういうものが自分に与えてきた影響はさまざまだし、それぞれにとても大きいけれど、
    不勉強な小娘にはとても聴きやすく、「いまの東京のジャズって感じ、こういうおしゃれがメインストリーム」「こういうおしゃれな音楽、やってみたい」「音楽は自分を美しく見せるためのファッションでもあるのだなあ」と、思っていたのがakikoさん。隣のおしゃれなおねえさん。おしゃれすぎて、緊張して声がかけられず、でもそのお洋服、同じものを買ったらわたしもそんな素敵なレディになれるかしら、という、そんな存在でした。
    演奏された曲はどれも何回聴いたかわからないぐらい聴きこんだナンバーばかりで、嬉しかった。

     

    なによりも、いまわたしが日本で最も愛し、尊敬するピアニストとベーシストの共演が観たかった。
    すばらしかったです。これからまた重ねられるであろう共演の機会を心待ちにしなくては、という、はじまりの音楽が感じられた瞬間がたくさんありました。
    しなやかで、美しく、すこしだけ童話的で、刹那、ぞくぞくするほど色っぽい。
    林正樹小美濃悠太、という組み合わせ、必聴です。ぜひ。

     

    大好きな”I Miss You”が彼らの演奏で、生で聴くことができて、幸せでした。
    いつか歌ってみたいけれど、好きすぎてずっとあたためている曲です。

    この曲を聴くたびに思い出すひとのことについては、またいつか。

  • 2016年8月1日

    7/30@Next Sunday, Asagaya

    数日前に梅雨が明け、よく晴れた夏らしい日。
    あの夏、なかったことにできましたか。

     

    1st
    1. La Vie en Rose
    2. Summer
    3. ひまわり
    4. 潮騒のメモリー
    5. 聖子☆夏
    6. ハナミズキ
    7. Under The Sea

     

    2nd
    1. Samba de Verao
    2. Garota de Ipanema
    3. Le Temps des Cerises
    4. 真夏の夜の夢
    5. 真夏の果実
    6. チョコレイト・ディスコ

     

    Encore
    0. 渚

     

    これまで前座や飲食店でのミニステージと、すこしずつ歩みを進めてきた黒髪の美女会。
    以前のステージを観にきてくださった方がお友達を連れてきてくださったり、
    はじめていらした方が「次回も来るからぜひやってね」と声をかけてくださったり。
    初のワンマンライブということで、大勢のお客さまに来ていただけました。

     

    お客さまはステージ上のわたしたちの一挙手一投足をご覧になっていますが、
    ステージ上のわたしたちも、お客さまの表情をよく見ています。
    生き生きしていたり、満面の笑顔だったり、時として涙してくださったりする、
    そういう「いい顔」が見られたときは、ミュージシャン冥利に尽きるというか、
    ちゃんと何か伝えられていたな、届けられていたな、と感じる、幸せな瞬間です。

     

    今回はそんな瞬間が開演から終演まで続いて、たくさんの「いい顔」が見られました。
    みなさまにとって、とっておきの夏の思い出の1ページになれたなら幸いです。
    この夏、いちばんすてきな夏になりますように!

     

    お店のwebでも写真をご紹介いただきました。こちらでご覧くださいませ→

  • 2016年6月26日

    6/24@wine bar ex, Shibuya 2chome

    給料日の花金は、あいにくの雨降り(ごめんなさい、また降らせてしまいました…)。

    予約で満席というほんとうにありがたくあたたかい環境で、ささやかなステージをお届けしました。

     

    1st

    1. Moon River

    2. La Vie en Rose

    3. 赤いスイトピー

    4. 聖子☆夏

    5. A Whole New World

     

    2nd

    1. 島唄

    2. Le Temps des Cerises

    3. 人生のメリーゴーランド

    4. 真夏の果実

    5. 年下の男の子

     

    Encore

    0. 聖子☆夏

     

    考えることの多い夜でした。

    自分たちは何を伝えたいのか、ということもさることながら、お客様が何を求めて足を運んでくださったのか、ということについても、もう少し心を配る必要もあったのかな、と。

    ただ、「来てよかった」「楽しかった」と言っていただけたことは、何よりの励みです。

    「また聴きたい」と言ってもらえるように、もっとがんばっていきますね。

    どうもありがとうございました!

  • 2016年6月7日

    6/5@Symbol-Road, Sendai

    仙台市で毎年開かれているとっておきの音楽祭に初めて出演してきました。
    障害のある人もない人も一緒に音楽を楽しむ、バリアフリーの屋外フェス。
    毎年恒例の秋のお祭り・定禅寺ストリートジャズフェスティバルとはまた違った趣で、街に溶け込むやさしい音があふれていました。
     
    わたしの出演場所は馴染み深いシンボルロード・水浴の女像前。間違いなく、仙台で一番歌った場所。
    でも今回は人生ではじめて、ひとりでボサノヴァを弾き語るステージ。
    FullSizeRender
    1. O Barquinho
    2. Corcovado
    3. Pela Luz Dos Olhos Teus
    4. Manhã de Carnaval
    5. Garota de Ipanema
    6. So Danço Samba
     
    ボサノヴァ好きのご婦人が一緒に口ずさんでくださったり、カップルが心地よさそうに寄り添って聴いてくれていたり、いつも来てくださるお客様がしっかり応援しに来てくださったり、横浜で出会ったお客様と仙台で再会してはしゃいだり、親戚が新しい家族を連れて遊びに来てくれたり。
    歌いながらみなさまの顔を見ていたら、なんだか涙が出そうになるぐらいうれしかった。
    MCにすべて手話通訳の方がついてくださったのも心強かったです。伝えたかったこと、ちゃんと伝わったかな。
    かれこれ半年以上ぶりのライブでしたが、こんなに幸せなステージになるなんて。
    あの場所でお会いできたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
     
    そんなわけで、あっという間に感覚を取り戻し、2016年夏のツアーがはじまりました。
    summertour2016 (1)
    いま自分ができるすべてのフォーマットで、いろんな場所で歌ったり弾いたりします。
    何を歌うのか、何を弾くのか、何が弦巻都の主戦場であり本流であり、そもそも何が弦巻都なのか、ということは、もう観に来てくださるお客様に委ねたいと思ったのです。
    だから、復帰後初のツアー、この夏のテーマは、「彼女は彼女である」。
    みなさまにお会いできるのを、心から楽しみにしています。

  • 2016年4月18日

    now I’m here

    ご無沙汰しております。
    IMG_0181

    昨年秋によし、休もう、と決めて、その間もいろいろ種をまいていたのですが、
    やっと、さあ、ステージに戻ろう、と素直に思えるようになりました。
    今年はずっとあたためていたソロプロジェクト(といえば格好つくかな)をはじめます。
    ボサノヴァの弾き語りを、なんてことないシンプルさでやりたいなあと。

     

    去年から育ててきた弦楽系トリオ・黒髪の美女会も、夏にワンマンライブが決まりました。
    ティザーA
    プロデューサー(vocal/violin)と、アレンジャー(viola/piano)と、
    デザイナー(cello)のトリオ、楽しいものづくりができていると思います。
    素敵なライブになること間違いなし!なので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

     

    それからいつもどおり、ジャズとその周辺の音楽を歌いながら暮らしていこうと思います。
    「もうジャズは歌わないの?」なんてこの前言われたのですけれど、そんなことないよー。
    まだお知らせできることがありませんが、気長にお待ちいただければうれしいです。

     

    そんなわけで、今年は6月からみなさまにお目にかかります。
    皮切りは仙台、そのあと東京へ。今年はもっといろんなところに行きたいな。
    雨女が雨の季節に息を吹き返すさまを、どうぞご覧くださいませ。
    今後ともどうぞご贔屓に。よろしくお願いいたします。

  • 2015年11月16日

    11/14@Blue-T, Sasazuka

    雨女の大一番は、やっぱり雨の夜になりました。しかも、けっこう強い雨。
    つめたく寒いなか、お運びいただきまして、ありがとうございました。

     

    Opening Act: 黒髪の美女会
    1. Lady Madonna
    2. 赤いスイートピー
    3. La Vie en Rose
    4. 秋桜
    5. Le Temps des cerises
    6. ハナミズキ
    7. 年下の男の子

     

    Main Act: Barva
    1. Samba de Orfeu
    2. Dancing Queen
    3. 世界の車窓から
    4. 黄昏のワルツ
    5. Can’t Take My Eyes Off You
    6. 千本桜

     

    7. MOZU
    8. All I Ask Of You
    9. Spain
    10. やさしさに包まれたなら
    11. Amazing Grace
    12. 情熱大陸

     

    Encore: 出演者全員で
    1. I Got Rhythm

     

    この日のためだけに集まったメンバー、この日のためだけに編まれた曲たち。
    長いプロジェクトでした。生みの苦しみも、たくさんあったと思います。
    それこそ、お客さまの前に提示するその瞬間まで苦しんでいた気がする。
    でも、その瞬間までメンバーが同じ方向を向いて全力で走ってきたな、という実感が強くあって、
    なんというか、「自分たちの音楽」という言葉を、胸を張って選んでいい気がしました。

     

    それは、「自分の音楽」を表現することを一番大事にしていた自分にとって、とても新鮮なことでした。
    こんな機会をいただけたことと、こんな素敵な時間をたくさんの方と共有できたことが、
    なんだか素直にうれしいなあ、と思った、今年最後のライブの夜でした。

     

    みんな大好きだ!

  • 2015年11月8日

    しばらく

    休む、ということは、これまでにもあったことだし、
    しばらく休む、といって、結局休まなかったこともあるので、
    まあ、あまり深い意味はないのかもなあ、とは思うわけですが。
    今月のライブが終わったら、しばらく人前での演奏をお休みします。
    (ひとまず、12-2月の1クールは確実に)(3月からは?)(うーん)

     

    前みたいに、声が出ないとか、耳が聞こえない、とか、そういうことが起きているわけではないのです。
    だけど、いろんなことのありすぎたこの2年を、とにかく必死に駆け抜けてきて、

    3年目に突入しようというときに、ちょっと立ち止まりたいなあ、と。

    いままでのことと、これからのことを、すこし考える時間にしたいなあ、と思っています。

     

    今年最後の演奏は、小編成の管弦楽アンサンブルです。
    実はこういう室内楽みたいな現場ははじめてで、すごく勉強させていただきました。

    いろんなジャンルの垣根を飛び越えてきたけれど、はじめて。

    はじめてのことを一区切りにするのも、なんかいいかな、とも。
    Barva_B

    わたしがステージに立っていなければ、わたしに会えない、という方も(まれに…)いると思うので、
    よかったら会いに来てくれたら、うれしいです。
    よろしくどうぞ。

  • 2015年10月16日

    9/28@Sam’s Bar, Noge

    シルバーウィーク明けの月曜日、野毛の街はいつもより人がまばら。
    今回はお客様が外国の方だったこともあり、人生初、MCを全編英語で。

     

    1st
    -Early In The Morning
    -Close To You
    -Change The World
    -Light My Fire
    -Feel Like Makin’ Love
    -Someone Like You
    -Have You Ever Seen The Rain

     

    2nd
    -Carnival
    -Rock With You
    -Gee Baby, Ain’t I Good To You
    -Georgy Porgy
    -September
    -It’s Too Late
    -The Moon Song~You’ve Really Got A Hold On Me
    -Knockin’ On Heaven’s Door

     

    Encore
    Time After Time

     

    ジョニー犬塚(vo&g)とふたりでStillとして活動をはじめて、5年経ちました。
    5年も一緒にやっていると、阿吽の呼吸でできることも増えてくるので
    毎回いろんな挑戦をしてみています。選曲しかり、編成しかり。
    デュオでできる最小限の音と、最大限の音には、思っている以上に幅がある。
    年に何度かしかできないデュオですが、細々と、末永く、続けていければと。

     

    今回はじめて取り上げた曲のなかでは、これが一番のお気に入り。

    映画「ブリジット・ジョーンズの日記」でかかるこの曲がとにかくいじらしくて好きで、
    歌えてよかったなあと思いました。

    これにて2015秋ツアー”Be Someone”も終了。
    お会いできたみなさま、ツアーづくりに携わってくださったみなさま、
    ほんとうにありがとうございました!

  • 2015年9月22日

    9/13@Nishikicho-Koen, Sendai

    宮城県は仙台市で毎年行われている定禅寺ジャズフェスティバルに出演してきました。

    個人的には学生時代から数えてもう4回目?5回目?ぐらいの出演です。

     

    今年は8月のすみだジャズに引き続き、室賀利治さんgとのデュオtravessiaで出演。

    初出演の室賀さんも楽しんでくれていて、よかった。

    IMGP3674

    1. When I Fall In Love
    2. Willow Weep For Me
    3. Corcovado
    4. Cry Me A River
    5. I’m Beginning To See The Light
    6. Day By Day
    7. Route66

     

    道行く人が立ち止まってくれたり、終演後に「よかったです!」と声をかけてくれる人がいたり。

    定禅寺のステージは、お客さまがあたたかくて、幸せな気持ちになります。

    演者であるこちらが楽しませるべきところを、お客さまのパワーで楽しい音の空間にしていただいている感じ。

    ありがたいな、と思うと同時に、感謝をすこしでも、歌で返せればいいな、と。

    ご来場のみなさま、ありがとうございました。絶対にまた、歌いに来ます!

     

    今回はそれから、在仙のお客さまの粋なはからいにより、念願の梵くらへ。
    FullSizeRender
    秋晴れのグリーンベルトから伸びてくる演奏を聴きながら、ふわふわのやさしいかき氷。最高!

  • 2015年9月17日

    9/6@Suginami-Kokaido, Ogikubo

    秋のツアーは、久しぶりにオーケストラの現場からはじまりました。
    ニューシティオーケストラの演奏会に賛助出演させていただきました。
    IMG_9047
    杉並公会堂は、以前も出演したことがあったのですが、この空間、好きなんです。
    大きすぎず、かといって小さくまとまることもなく、ほのかなぬくもりさえ感じます。
    舞台の背後にも座席(いわゆるP席)が配置されていて、舞台をぐるりとお客様が囲めるつくり。
    満員御礼で、お客様の熱気が舞台にも伝わってきました。

     

    演目はドヴォルザークの7番、スメタナのモルダウ、アンコールはスラブ舞曲の8番と、チェコ尽くし。
    学生時代にチェコで演奏したときのことを思い出して、なんだか懐かしくなったりして。
    ご来場いただいたみなさま、お世話になった団のみなさま、どうもありがとうございました。

  • 2015年8月28日

    Be Someone

    akitour02

    なんだか一気に涼しくなって、秋なのだなあ、と感じる今日この頃です。

    秋のツアーは、オーケストラ、ジャズ・ボサノヴァのデュオ、ブルース・ロック・ポップスのデュオの3本立て。

    東京・仙台・横浜と、ツアーらしい感じで飛び回ります。どこかでお会いできることを祈って。

  • 2015年8月17日

    8/16@LOCO BAR, Kinshicho

    個人的にはとても久しぶりのすみだストリートジャズフェスティバル

    お客様があたたかくて、楽しく歌わせていただきました。

    終演後にお話できたのもよかった。またどこかでお会いできたらうれしいです!

    FullSizeRender

    すみだの町で、粋な女を気取りまして。久々に浴衣で歌ってみました。

     

    1. When I Fall In Love

    2. Willow Weep For Me

    3. Corcovado

    4. Cry Me A River

    5. O Barquinho

    6. Day By Day

    Encore. I’m Beginning To See The Light

     

    このデュオも回数を重ねて、いいところも、課題もたくさん見えてきました。

    来月は仙台の定禅寺ストリートジャズフェスティバルで演奏します。

    今よりもなお楽しんでいただけるよう、精進いたします。

  • 2015年7月18日

    7/13@Okubo Suizokukan, Shin-Okubo

    5月に続いて、シンガーソングライター片貝篤史さんのサポート演奏。

    片貝さんのつくった曲を歌ったり、バイオリンを弾いたり、コーラスしたり。

     

    -フタリよみち

    -混沌

    -ヨーグルト

    -近頃のボクら

    -あなたと未来

     

    このデュオは、回を重ねるごとに、自由になっていく感じ。

    サポートといいつつ、好きなように演奏させていただけて、ありがたいです。

    片貝さんの曲はいい曲揃いなので、もっとその世界観が伝えられたらいいな、と同時に

    いろんな方に聞いていただけたらな、と思います。

  • 2015年7月12日

    7/11@King’s Bar, Bashamichi

    ずっと梅雨だったのに、一気に真夏の陽気。大汗かきながら。

     

    1st
    -Three Views Of A Secret
    -Two For The Road
    -I’m Beginning To See The Light
    -Just Squeeze Me
    -Born To Be Blue
    -Samba De Uma Nota So

     

    2nd
    -Minor Swing
    -James
    -The Good Life
    -My Favorite Things
    -Willow Weep For Me
    -Too Close For Comfort

     

    Encore
    -When I Fall In Love
    -Route 66

     

    今回ご一緒したギタートリオは、わたしが学生の頃、ライブをはじめたばかりのときに
    お世話になったみなさん。まだなにもできなかったわたし、いろんなことを教わりました。
    何年も経て、またご一緒できる機会が巡ってきたのは、とてもうれしかった。
    客席には懐かしい顔がたくさん。盛り上がってくださって、よかったです。
    ありがとうございました。

  • 2015年7月8日

    Say When

    summertour2015
    冷やし中華、はじめました。夏のツアー、はじめました。
    夏は、”Say When”
    あなたとお会いできるのは、いつになるのかしら。お待ちしています。

  • 2015年6月1日

    5/29@Okubo Suizokukan, Shin-Okubo

    5月最後の金曜日は雨。雨女は雨男のサポート演奏に新大久保まで。
    お世話になっているシンガーソングライター・片貝篤史さんと2年ぶりの共演。
    片貝さんのつくった曲を歌ったり、バイオリンを弾いたり、コーラスしたり。

     
    片貝さんのつくる曲は、なかなかどうして難しいのですけれど
    味わい深くて、心の奥をぎゅっとつねられるような甘さがあって好きです。

     

    -クローゼットに雨
    -フタリよみち
    -混沌
    -ヨーグルト
    -近頃のボクら
    -あなたと未来

     

    「今年中に都さんのための曲を書きます!」とおっしゃってくださったので
    楽しみに待とうと思います。
    ブログに書いておけば、忘れないでしょう。うふふ。お待ちしております。

  • 2015年5月27日

    5/26@Sam’s Bar, Noge

    結成5周年のデュオ・Still、結成の地でワンマンライブ!などといったら、格好いいでしょうか。
    でも、そんなこと言いたくなっちゃうぐらい、気合十分な一夜でした。

     

    1st
    -Early In The Morning
    -Carnival
    -Eight Days A Week
    -Englishman in New York
    -The Thrill Is Gone
    -Wonderful Tonight
    -Stand By Me
    -Sea Cruise

     

    2nd
    -Happy Birthday To You
    -Big Yellow Taxi
    -リバーサイドホテル
    -Little Wing
    -Georgy Porgy
    -The Moon Song~You Really Got A Hold On Me
    -New York State of My Mind
    -Everyday I Have The Blues

     

    Encore
    Time After Time

     

    先日旅立ってしまった、B.B.KingとBen.E.King, ふたりの軌跡をフィーチャー。
    Stillの原点であるブルーズも、要所に取り入れて。
    アコースティックデュオじゃ到底やらないだろう、という曲にも挑戦したり、
    わたしは3.11直後のライブ以来-つまり4年ぶり!-に、ピアノの弾き語りをしました。

     

    まだまだいける。まだまだ、自由になれるし、もっと伝えられる。
    お客さまの笑顔がたくさん見られたことを糧にして、また進んでいこうと思います。

  • 2015年5月15日

    Still Life (Singing)

    2010年結成、まさか5年も続くとは。

    still526_a

    ジョニー犬塚(g)とのデュオプロジェクト・Still、1年ぶりのワンマンライブです。

    とても久しぶりに結成の地である野毛・Sam’s Barに帰ってこられました。

    あれもこれも欲張って、サポートミュージシャンも呼ぶ?なんて思ったけれど、

    やっぱりシンプルに、ふたりでできることをふたりで自由にやってみることにしました。

    Eric Clapton, B.B.King, Sting, Cyndi Lauper, The Beatles, Jimi Hendrix, and so on.

    いい歌を届けたいと思います。ぜひ。

  • 2015年5月2日

    5/1@Jetrobot, Takadanobaba

    いやはや、暑い日でした。

     

    1.Have You Ever Seen The Rain

    2.Early In The Morning

    3.Carnival

    4.Eight Days A Week

    5.Englishman In New York

    6.リバーサイドホテル

    7.Wonderful Tonight

    8.Time After Time

     

    ジョニー犬塚(g)とのデュオプロジェクトStill、ほぼ1年ぶりのライブでした。

    おなじみの曲、蔵出しの曲、味をつけはじめた新曲、取り混ぜて。

    結成5年目を迎えましたが、この程よい距離感が長続きの秘訣。

    いつまでも、好きな曲を好きなように演奏できるデュオでありたいなあ、と思います。

     

    5/26(火)には、結成の地・野毛Sam’s Barでワンマンライブです。

    このあとはまた来年、ということになると思うので、ぜひ!

  • 2015年4月25日

    4/23@Jetrobot, Takadanobaba

    1.Be My Love
    2.Like Someone In Love
    3.The Good Life
    4.The Gentle Rain
    5.Inutil Paisagem
    6.炎のたからもの
    7.I’ve Never Been In Love Before

     

    春の霞と恋の予感、をテーマに。

    ボーカルとギターのデュオ、とくに奇を衒ったこともせず、

    若手のジャズメンが次々生み出すようなオリジナル曲も演奏しない。

    ある意味時代に逆行したスタイルなのかもしれないけれど

    ずっと残るもの、長く愛されるものと、じっくり向き合うようなことをしたいなあと思っています。

     

    室賀さんとはまた7月、今度はカルテットでご一緒します。

    デュオとはまた違う音作りができるかな、と、今から楽しみです。

     

  • 2015年4月23日

    Catch Me

    S-Stour2015

     

    ひとつひとつのライブにコンセプトをもたせる、というのは、至極当然のことなのですが

    季節ごとにコンセプトをもたせてみる、ということをはじめてみようと思います。

    春は、”Catch Me”.

    どういうことなのかは、お運びいただいてのお楽しみ。会場でお待ちしています。

  • 2015年4月12日

    4/11@ZERO Hall, Nakano

    スタジオジブリの劇中音楽オーケストラ・Orchestra Valseの演奏会に出演してきました。
    豪華声優陣をゲストにお迎えし、声と音楽でスタジオジブリの映画作品の世界を忠実に、
    そして熱い思いをこめて、再現するオーケストラです。

     

    今回が4回目の演奏会。こんなラインナップで。
    ・第1部 映画「ルパン三世 カリオストロの城」より
    ・第2部 交響組曲 風の谷のナウシカ
    アンコールは、声優のみなさまのトークと、ジブリ作品のハイライトを何曲か。

     

    この演奏会、とにかくいらっしゃるお客様が「熱い」。
    緊迫した場面の曲のときは息を詰め、espressivoなバラードには目を潤ませる、
    もちろん「この曲知ってる!」「この曲来た!」と嬉しそうな表情を見せてくださる。
    ほんとうに楽しみに来てくださっているのだな、とわかるとうれしくて、ありがたくて、
    もっといい音で伝えたい、もっと心動かされてほしい、と毎回思うのです。
    ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

     

    縁あって2回目の演奏会から参加させていただきましたが、
    今回でわたしの出演は最後になります。
    たくさんの方に出会い、いろんな刺激を受け、有意義な時間を過ごさせていただきました。
    今後の演奏会の益々の発展をお祈りしています。バルス!

  • 2015年2月28日

    2/28@ZERO Hall, Nakano

    映画・ミュージカル音楽を演奏するオーケストラ・Flamingo Apartment Orchestraに
    1stViolinで参加してきました。恐れ多くも次席に座らせていただきました。
    来てくださったお客様が一様に喜んでくださっていたのが印象的。
    映画と音楽の素敵な関係、お楽しみいただけたなら幸いです。

     

    1st
    The Raiders March
    Moon River
    My Fair Lady
    Robin Hood
    Summer
    Aladdin

     

    2nd
    Back To The Future
    The John Dunbar Theme From “Dances With Wolves”
    Adventures On Earth From”E.T.”
    Harry Potter

     

    Encore
    The Little Mermaid

     

    オーケストラの名前にちなんで、ドレスコードはフラミンゴ色。
    FullSizeRender
    こんなにポップな色のドレス、はじめて着たので、ちょっと浮き足立ってしまった。
    いつか歌の現場で再登板したいなと思っています。

  • 2015年2月18日

    2/14-15@Hachibankan, Koganecho

    劇団・鮭スペアレの公演「ロミオとヂュリエット」横浜での再演。
    TPAMのショーケースとしての参加に、また楽団として呼んでいただきました。
    黄金町バザールでもおなじみの八番館を芝居小屋に仕立てるというので、
    さてどう料理するんだろう、と思っていたら、現場入りしてびっくり。
    IMG_7432
    二階部分を客席と舞台、吹き抜けになっている三階部にさらに舞台を組み、
    お客様の真上で演奏することに。まさに、Fiddler on the Roof状態。
    IMG_7454
    小屋が変わり、演者も一部変わり、舞台演出も音楽も根の部分を残したまま変わり、
    また新たな気持ちでお芝居の一部になることができました。
    いろいろな表現のかたちがあるなあ、と、思います。
    一関での初演に引き続き観にいらしてくださった方もいたそうです。
    ありがとうございました。

  • 2014年12月13日

    12/6@Tokyo-Club,Sendagaya

    2ステージともに前半はピアノトリオ。選曲が最高に私好みで、ずっと聴いていたかった!

    後半はボーカル入りのカルテット。歌った曲のみ、歌った順に。

    1st

    -Almost Like Being In Love

    -What A Wonderful World

    -Cry Me A River

    -Isn’t She Lovely

    -White Christmas

     

    2nd

    -How High The Moon

    -Don’t Explain

    -Feel Like Makin’ Love

    -The Christmas Song

    -I Didn’t Know What Time It Was

     

    時間は流れるなあ、と思ったのです。

    昔できなかったことが、今は自然にできるようになっている、とか、

    当たり前と思っていたことを、ある程度の時間を経たことで

    新鮮な目で見つめなおすことができている、とか、そういうこと。

     

    お客様も久しぶりにお会いできた方ばかりで、あたたかくて

    クリスマスソングなんて歌ってしまったばかりに 強く年の瀬を感じ

    やっぱり、ああ、時間は流れるなあ、と思ったのでした。

  • 2014年11月29日

    11/22-23@Garage Hall, Ichinoseki

    岩手県は一関市にあるガレージホールにて行われた演劇祭・ひいらぎ演劇プロデュース。

    東京から招待された劇団・鮭スペアレの公演「幽玄音楽劇 ロミオとヂュリエット」に出演してきました。

     

    俳優……ではなく、お芝居に寄り添う音楽を演奏しに、一座の楽団員としての参加。

    いわゆる「劇伴」というものです。観劇好きとしては、いつか挑戦したかった分野。

    foodpic5611612

     

    俳優が演技をする舞台部分の背後に組まれた楽団用の舞台、わたしの担当部分。

    客席から演奏しているところは見えます。

    バイオリンと、その他さまざまな打楽器を演奏させていただきました。

    旋律の決められた曲と、即興で生み出す音の連なり、間。

    foodpic5611617

     

    前日に現地入りし、2日で3公演。

    役者やスタッフと短いながらも共同生活をし、稽古を重ね、呼吸をあわせていくことで

    一緒に作品を作り上げるスタイルは、大変だったけれどとても有意義でした。

    一関のみなさんもあたたかく迎えてくれて、ここに来られてよかった、と強く思いました。

    カーテンコールって、あんなにまぶしいものだっただろうか。

     

    同じ作品を、年明けに横浜で再演しますが、こちらにも楽団として呼んでいただくことになりました。

    今から楽しみです。お近くの方はぜひ。

    もしかしたら、知らない世界の扉、開けちゃうかも。

  • 2014年11月24日

    11/16@Cloud9, Narita

    歌った曲のみ、歌った順に。

    1st
    -Don’t Know Why
    -ハナミズキ

    2nd
    -Feel Like Makin’ Love
    -New York State Of Mind
    -(They Long To Be)Close To You

     

    リーダー前川くんによる、遊び心のあるアレンジ。
    カラフルで、ポップだけど、しっかりジャジー。
    難しいけど、歌うのはとてもたのしいです。

     

    今回、Billy Joelを1曲歌ってほしいと頼まれていて、
    選んだこの曲は、やっぱりみんな大好きなんだなあって。
    ずっと歌いたくてあたためていて、ついにライブで歌いました。

    演奏しているバンドメンバーのテンションも違ったし、なにより
    お客様が懐かしそうに一緒に口ずさんでくださったのを見て、
    ああ、いいなあ、と思ったのでした。

  • 2014年10月9日

    10/8@Jetrobot, Takadanobaba

    1. Almost Like Being In Love
    2. Moonglow
    3. Only Trust Your Heart
    4. So Many Stars
    5. Cry Me A River
    6. I Fall In Love Too Easily
    7. My Baby Just Cares For Me
    8. How High The Moon

    皆既月食の夜だったので、歌詞に”moon”が入る曲を織りまぜて。
    秋はとくに、そんな曲が似合うような気がします。

  • 2014年9月4日

    9/3@Clipper, Chiba-Minato

    歌った曲だけ、ひとまずメモ。

    – Only Trust Your Heart

    – Taking A Chance On Love

    – ハナミズキ

    – Calling You

    – Feel Like Makin’ Love

    – Route66

     

    まっさらな、とてもシンプルな楽譜を、いろんな方向から料理してくれるメンバー。

    クリエイティブで、とても楽しかったです。

    インストのナンバーもすごくよくて、ずっとお客さんで聴いていたかったぐらい。

    リーダーの人望で、お客様もたくさん。楽しんでくださっている顔が見えると、やっぱりうれしいね。

    もっと楽しんでもらえるようにがんばらなきゃ、と、思うのです。

  • 2014年7月20日

    7/19@Cloud9, Narita

    1. Summertime

    2. I’ve Never Been In Love Before

    3. Caravan

    4. Agua de Beber

    5. My Romance

    6. I Didn’t Know What Time It Was

     

    連休初日は荒天。

    わたしはたいへんな雨女なので、お客様やメンバー、お店の方にはいつも申し訳ない思いです。

    足元の悪い中、ご来場ありがとうございました。

    このメンバーでは3回目のライブになりますが、かなり馴染んできた印象。

    足元はきっちり固めつつ、いろんなチャレンジをしてみたいと思います。雨でもね!

  • 2014年7月7日

    「棚機」と書くのだと教わった

    たなばた。

    風に揺れる笹も、色とりどりの短冊も、涼しげ。
    まとわりつくような湿気の雨の日も、すこし心和む。
    最後に願い事を書いたのって、いつだろうなあ。
    今年も書かずに終わってしまいました。

    こんな日は星にちなんだ、わたしの一番好きな曲を、と思ったのですが
    今夜二番目に聴きたいこの曲をどうぞ。

    眠っているうちに、彼と彼女が出会えますように。

  • 2014年6月22日

    6/14@Cafe Way, Karakida

    5106789

    1st

    1. Summertime

    2. Carnival

    3. The Letter

    4. Wonderful Tonight

    5. Change The World

    6. Knockin’ On Heaven’s Door

    7. Everyday I Have The Blues

     

    2nd

    1. Come Together

    2. The Thrill Is Gone

    3. Help The Poor

    4. Layla

    5. Have You Ever Seen The Rain

    6. What Am I To You?

    7. Route66

     

    Encore

    0. Time After Time

     

    とても久しぶりに”The Thrill Is Gone”を歌って、やっぱり難しいのだけれど、好きだな、この曲、と。

    最後の”And now that It’s over, all I can do is wish you well”で、救われる。

  • 2014年5月12日

    5/10@Sunpearl Arakawa

    「いい大人」とは。

    「オトナですから」という魔法の言葉で、いつまでも夢を見失わずにいられるひとのことをいう。

  • 2014年4月30日

    4/22@Jetrobot, Takadanobaba

    1. Have You Ever Seen The Rain
    2. Light My Fire
    3. Carnival
    4. What Am I To You
    5. Layla
    6. Wonderful Tonight
    7. Time After Time

    The Cardigansの”Carnival”、ライブではじめて歌いました。
    かるくて甘くてさわやかで、でもきゅっと心を締めつけるせつなさもあって。
    春から夏にかけてのこの季節、似合う感じがする。

  • 2014年4月27日

    ときどき書いてみようと

    思って、blogのスペースをつくりました。

    ときおり、思い出したように更新すると思います。

    なにを書こうかなー。

Copyrights © Miyako Tsurumaki.
All rights reserved.